プロフィール

ブログに訪問して頂き、ありがとうございます。元ストリートダンサーの『ストリートケイン』です。

2017年末頃から、情報を発信をしています。

なぜ、情報発信を初めたのか?

世の中で『覚醒した自分』を知っていただき、

そんな自分が情報発信して、

誰かに元気を届ける事をライフワークにすると覚悟をしたためです。

情報発信力を高める。

それが今の自分のライフスタイルの一部です。

それは、自分の経験を知らせて、他の人に(特にうつ病で苦しんでいる方)に生きる事の大切さを伝えています。

また、多くの人にビジネスの面白さと難しさを知って欲しいからです。

ブログ(ワードプレス)ユーチューブを通じ,

ストリートダンスの楽しさも普及しています。

サラリーマンを約30年、七転び八起き(セブンダウンエイトアッパー)で乗り越えてきました。

30年サラリーマンを続けて分かった事は。

サラリーマンは、確かに安定した収入を得る事ができます。

しかし、今後の自分の人生を考えたら、いつまでもダラダラとサラリーマンを続けることは、本当の自分の本意では無いと確信しました。

ストリートダンスに目覚めたのは、35年前です。

35年前(TRFのSAMさんとボーカルのYU-KIさんは同年代を生きてきて、両方の方は知り合いです。

今でも、毎日20分*3セットを踊っています。

音楽のノリに好き勝手に体を動かす。

自分の感情を即興でダンスしてます。

誰にも見られてないから、自己満足ですけどね。笑

昔のフジテレビでDANCE、DANCE、DANCEの頃、ダウンタウンが司会した番組の、メガミックスの堀江ハルキさん、OOJI(オージさん)は知り合いです。

ちなみに、ダンス初期は、OOJI(オージ)さんからダンスの基礎を学びました。

堀江ハルキさんとTRFのYU-KIさんは、二人が有名になるあたりを知っています。(3人とは知り合いです)

自分が最高に輝いていた頃だと思います。

今は、ブログで、自分の使命を果たすべく奮闘中といったところです。『ストリートケイン』ですが、バキバキの日本人です。笑

名前を覚えていただくと、大変光栄です。

正直ダンス界で全くの無名です。

『ヤギコーチ』の『ネット登場』に刺激されて、活動を開始しましたあ。

今でこそ、ダンスは小学生でも習っている時代ですが、35年前はダンスでストリートダンス踊れる所は『クラブ』でなく、『デイスコ』でした。

ミクシィは12年間放置してます。12年前は『コミュニテイ』

『ケインaka中年の星』ってコミュニテイがありました。

クラブでは、当時『クラブのダンスフロアで死ねたら本望だ』

と真剣に汗ドロドロで、ノーナンパで、踊り狂ってました。

そんな私は、今はブログ(ワードプレス)とユーチューブ等で、

情報を発信しています。

日々ダンスとビジネスを学習しています。

今でも日々、修行の毎日を送っています。

ダンスの楽しさとビジネスの難しさを普及しいく事が

自分のライフワークです。

オンラインビジネスは、素晴らしい人もいます。

しかしとても残念なのですが、

情報弱者を狙った、詐欺まがいの人が非常多いです。

私も、少しでも稼ぎたいと思い、ノウハウをいくつか購入しました。

しかし、ノウハウだけでインターネットで稼ぐ事は、出来ないんです。

思考方法と戦略を練って

人に認知される様に行動する事が大切です。

ワードプレスで、トレンドブログ、特化ブログを書き、アドセンスを導入して、頑張っても大体一年頑張っても、月に『1万から〜5万円』しか稼げません。

でも、0を1にできたら、後は量産すれば良いのですが、誰でも直ぐに量産する事は難しいです。

続けていけば、2年位頑張りつずければ、ブログで頑張ってたとしてもブログだけではなかなか収入は得られないんですね。

オンラインビジネスの王道で、

戦略を持ち実行する。

ビジネスで成功する事は、簡単ではありませんが、

成功をしたかった、『王道ルール』で成功しましょう。

まあ、やるかやらないかは『個人の自由』です。

しかし、『この王道ルール』に従い、

行動してみてください。

自分自身と向き合う事で、ビジネスを通じて自分の成長も実感する事が出来てきます。

オンラインビジネスは正直これからも日々改善を行います。

まだまだですが、『人がどの様に生きるべきか?』を常に考え、その考えも発信していきます。

私の人生の経緯を簡単に紹介します。

ケインの幼少期と今までの経緯です。

気が向いたら、読んでください。

両親は専業農家でした。運動神経は良い方で、幼稚園では、タイヤ転がしが得意でした。

その感覚は今も残っています。保育園の運動会!そのタイヤ転がしを見ていた父方の爺さんが、『サンショウの実は二葉にして芳しい』と喜んで私の父に言っていたとの事です。

家は貧しく、かなりのボロ屋で、家の中でカイコを飼っていた事もあります。だから、中学時代は、自分の部屋によく虫が歩いてました。

ひえー。w父は、20歳の頃、太平洋戦争で徴兵されました。

背中に地雷を担ぎ戦車の下に特攻する訓練をしていたそうです。戦場に行く前に終戦を迎え、なんとか生きて帰れたって聞いいてはいました。

父は海軍の学校に入っていたため終戦後の学歴は小学校を卒業しただけの学歴になってしまいました。7人兄妹の次男でしたが農業を継いで欲しいと爺さんに懇願され、農業を継ぎました。

父方の婆さんはかなり『やかましい人』だったため、最初の嫁さんとは離婚し、その後、私の母と結婚ました。

母の『笑顔』が良かったとの事です。父は、かなり頭も良く男前だったんで、家が裕福ならもっと素晴らしい奥さんをもらえたハズです。

そうしたら、自分はこの世に存在しなかったんで、優秀でない自分は自分と素直に認めたいとは思います。

昔の嫁さんは、農家に嫁ぐと、完全な労働力です。寒い時期でしか子供を産めず、私と姉は共に1月生まれです。

姉は5歳上で私が5歳の時に爺さんは他界しました。だから自分も爺さんの記憶はありません。

そんな時、爺さんが亡くなり、新しくお墓を作るまで、姉は父と共に毎日お寺までお参りに行ったとの事です。

新しくお墓を作り、預金は全く無くなったとの事です。その後、父方のお婆さんは、今でいうアルツハイマー型認知症で7年寝たきりだったため、貯金は全く出来なかったと話していました。

自分の小学生時代は本当に貧乏で、月数百円の雑誌を買う事も出来ませんでした。

もちろん当時、外食なんてした事がありません。私は子供時代はかなり『やんちゃ』で、バク転ができると、小学6年生で、違う学校に自慢しに行ってました。田舎のガキ大将ですね。家で、勉強はほとんどしていませんでした。

でもそこそこ勉強はできた方だと当時は思っていました。親戚は皆、勉強して大学に行き、良い会社に入る事が大事。

そんな価値感でした。そのため、高校も必ず公立の進学高校に行く事が大事とされていたため、私もその高校に行くために必死でした。

中学校の時、『自分が中心で世の中回ってる』と謎の価値感を持ち、ラサール、灘高校に行き東京大学に行くと謎の自信に取り憑かれ、中学時代は一時、孤立しました。

(半年ぐらい)実は、卓球が大好きだったのですが、中学校で卓球部がなく、バスケ部でした。レギュラーにはなれず補欠でした。

全く女子にはモテず残念な中学生でした。高校は、希望校に合格をし、大好きな卓球部に入りました。

30人位の新入部員中では1、2番の速さで先輩と共に練習していて良い感じだったんですね。

ところが、私の従兄弟で高校時代の伝説的な選手がいたのです。その従兄弟は卓球は凄かった(県大会2連覇)のですが2浪して私立(青学)大学に入ったのに卒業できなかったという経緯があったんです。

当時、自分の成績は、高校で中の下ぐらいのため、父に『卓球部はやめろ』と圧力をかけられ、卓球部は辞めました。泣

今、思うに、『絶対勉強も頑張るから卓球は続けたい』と言えなかった自分にムチャクチャ腹が立ちます。

部活を辞めても学力は上がりません。残念な事に…..。根性が足りないんですよね。高校時代は本当に自分の能力の無さに『母の遺伝だな』っていう謎の諦めもありました。

しかし、自分の分を知らず、その頃は、東大に行く事しか考えていませんでした。東大、慶應、早稲田一流の大学に努力して入りたかったんです。

姉は、自分より優秀でした。父の遺伝が強かったみたいです。笑凄く優秀でした。

国家公務員試験で、高卒で働き出しました。自分の大学入試は、共通一次は散々な結果で、2次試験を受けず浪人生活を送りました。(どこも受けなかったのは変なプライド、一流大学に行きたい)アホですね。マジに!

浪人しても東大は遠く及ばず、結局は地元の国立大学の工学部に進学しました。1年目は、あまり勉強せず、バイトと遊び優先でした。留年しないようかなり本当は少し真面目でしたけどね。

浪人していたため、大学は『最初の1年は遊ぶ』と決めていたのです。(初めての彼女もでき、楽しい充実していたように思います)大学2年で、家庭教師や塾のバイトで、自宅から大学に通えたので、その頃は、人生無敵気分でした。親のスネをかじってました。(反省しております)

「一宮海岸の海に反射するレイライン(千葉県一宮町ちばけんいちのみや)」のフリー写真素材

大学時代、中学、理解、工業の教職免許を取得できました。自分をより向上させたい気持ちが大きく、父に土下座して大学院にいかせてむらいました。

この大学時代は、基礎スキー(一級)までは頑張りました。大学院は企業から月5万円頂き、大学院終了後地元の企業に就職しました。

20歳頃から『ストリートダンス』を極めたいと思い活動していました。そんな時、社会人一年目で、クラブで踊ってたら、トイレで絡まれ、頭付きをくらい、鼻血ブームでした。(笑)

普通は警察沙汰ですね!それが悔しく、空手を習う。毎日、空手を練習して自分の心と身体を鍛えたんです。 自分の心と身体を鍛え、1年半で、黒帯にはなりました。

ストリートダンスも取り組みました。

『ケイン』という、ストリートネームで、当時はストリートダンス は珍しく、クラブ等のイベントでダンスを披露する等の活動をしていました。

私が失敗した最初は(もちろん自分の判断ミスですが)企業から大学院博士課程に派遣され工学博士の研究に挑戦した事です。

特に研究したい目的が不明確で、給料を頂く、研究は徐々に進展していたのですが、

ここからが、1回目の『人生のどん底』が始まりました。

研究生活のストレスから不眠の症状があらわれ、抑うつ神経症になってしまいました。

その2ヶ月後、父が骨髄性白血病、そのストレスから、母は、うつ状態から父と違う病院に入院したって、これ、マジ本当の話です。

マジか。ドラマか?悪夢か?って感じです。

3人の家族で2人入院って、マジかって感じですよ。マジな話。

その後2年後、学会に研究を発表できたのですが、その間、両親の病気の看護も重なり研究を断念しました。

父は、闘病は1年2ヶ月で他界。母はまだ、入院中。

涙は出ませんでした。苦しすぎると、人は涙が出ないんですよ。

会社ではなんとか仕事を復帰、それが平成6年6月6日です。

その頃、今の嫁と交際していたのは、唯一救いでした。

父が他界後、入籍で、少し我が家が救われました。マジ感謝してます。

その後、母は、しばらくして、父が亡くなり3年後母は他界しました。

母は、やっと苦しみから解放されて、冷たい母を前に

『母さん。今までありがとう。やっと楽になれたね。』

涙が流れました。人生は本当に、儚いないです。

昨日まで元気な人でも、不治の病になったら、この世とはさようならなんですよね。

だから、自分は、自分の子供の顔が見てみたいと思いました。

幸い、3人の男の子に恵まれました。

この頃、子育てしていた頃は、やっぱり大変だけど、3人とも健康に恵まれて、本当にラッキーだなって思いました。

だって、子供って、100人に1人は障害があってもしょうがないっていうのが現実だからです。

自分がしっかりしてないと、子供はしっかりするんですよね。

本当に、感謝してます。いろいろと。ほんとうにありがたいとはこの事だなって心のそこから思います。

人は、いつ死んでもおかしくないってのが現実です。

だから、今、54才ですが、かなりのおっさんです。

そんなおっさんの記事を今読んでくれた事にもマジ感謝してます。

だから、人生は死ぬ時、後悔だけはしたくないです。

この後、重複話が登場しても、許してください。

ブログで『おもしろおっさん』と名乗るには、抵抗があり、12年以上前のミクシィ(完全放置中)のネーム『ストリート・ケイン』から、ブログ始めようと思っただけです。

ストリートダンサーに目覚めたのは、35年前です。

35年前(TRFのSAMさんとボーカルのYU-KIさんは私の顔は分かると思います。

昔のDANCE、DANCE、DANCEの頃、ダウンタウンが司会した番組の、メガミックスの堀江ハルキさん、OOJI(おおじさん)は、自分のことは分かります。

trfのsamさんとOOJIさんは、自分のダンスの師匠ですね。

うちは田舎だったけど、テレビだけではダンスはうまくなれず、通いました。

ダンス習いに。一時は28才でダンサーでメシ食いたいって思いましたが、サラリーマン続けました。

サラリーマンも35年もやってると、決して楽ではない世界でした。

ちなみに、ダンス初期は、OOJIさんからダンスの基礎を学びました。

HorieさんとYU-KIさんは、二人が有名になるあたりを知っています。

自分が最高に輝いていた頃だと思います。

今は。ブログで、自分の使命を果たすべく奮闘中といったところです。『ストリートケイン』ですが、バキバキの日本人です。

あなたに名前を覚えていただくと、大変光栄です。

正直ネット界で全くの無名です。

『ヤギコーチ』の『ネット登場』に刺激されて、活動を開始しました。

今でこそ、ダンスは小学生でも習っている時代ですが、30年前はダンス,ストリートダンス踊れる所は『クラブ』でなく、『デイスコ』でした。

ミクシィは12年間放置してます。12年前は『コミュニテイ』『ケインaka中年の星』ってコミュニテイがありました。笑

クラブは、当時『クラブのダンスフロアでしねたら本望だ』と真剣に汗ドロドロで、ノーナンパで、踊り狂ってました。

2017年10月20日)

私にとって、運命的な試練が起こった。自分は、まったく自分で自分に自信が持てなくなった。

その日が2017年10月20日。

私は、28才まで、普通の会社員であった。私は両親に普通に育てられた。両親は地方の工学部大学院まで必

死になって専業農業で、大学院まで出してくれた。(本当は、東大に入りたかった笑)。

私は、修士課程修了後、地元のメーカーに就職した。2年後、博士課程に会社から派遣される形で工学博士の研究に取り掛かった。

研究はがんばった。頑張り過ぎたのか、1年後、不眠症となり、薬のお世話になりながら、研究生活を送っていた。研究はあまり進展しなかった。

すると、父が急性骨髄性白血病となって、大学病院に入院した。

まさに負の連鎖である。すると、3ヶ月後、父の白血病のストレスが引き金となり、母が重度のうつ病で入院することになった。

この話は、今から26年前の事である。当時家庭は3人だけであった。5才上の姉がいたのだが、姉は姉の家庭があり、公務員で働いており両親の看護は、最後は自分にかかってきた。

この苦しい状況をよく乗り越えて今まで生かされた。

今考えると、大いなる神様に生かされた。そんな感覚だ。

2017年末、ユーチューブで、ヤギコーチを知り、動画を見ていた。

ヤギコーチは、人が生きる時の課題について量子力学、脳科学、地球、宇宙他沢山の動画、ブログで色々と情報発信していた。

私は、ヤギコーチは有料講座『創造主覚醒メソッド』に参加することにした。

オンライン講座の出来栄えは、素晴らしいと感じた。

6ヶ月、毎日取り組んで、自分の静かなる変容を確認した。

そして、私が26年導かれた、『神道』(神が作った人の道)と共通点が多いことが分かったため、ヤギコーチの『創造主覚醒メソッド』を紹介する事にした。

神道の学びは、今後もつずけて行く。

私は、『病気が良い悪い』を超越した自分についに覚醒した。

『私の情報』でまだ見ぬ新しい仲間へ向けて発信を発信していこうと

『自分に誓った』のだ。

さあ、私の本当の人生はこれからだ。

私は、新しい世界へ出航しよう。

新しい自分新しい仲間を探しに出航だ

私は、今日を境に生まれ変わった。

自己を変革し、その事を人に伝へ人のためになる情報発信をする。

ってノリで、本当にノリだけです。

って思い、活動を開始しました。

まだ、人生を本当に諦めるわけにはいかないのだ。

自分的には今、全然、余裕がある。なぜかと自問した。

覚醒した自分に確信を持ったからだと断言出来る。

自分の使命についに目覚めたのだ。

自分の使命に目覚めたら、後は行動するのみ。

ある人が、『意識』こそが人間の本質だ。そう。

この体、体の周りの全て、地球、宇宙、全てと自分は繋がってる。

これが、『ワンネスの境地』。

本当に大切なのは、『意識』なのだ。

意識をうまくコントロールして最善の行動をする。

全ては、繋がっている。

情報は、今の意識の産物なのだ。

情報には、人の意識が刻まれている。

だから、私は、自分の使命を果たすのみ

覚醒した自分に確信を持ったからだと断言出来る。

意識をうまくコントロールして最善の行動をする。

全ては、繋がっている。

私は『意識を自由自在にコントロールする』

そして私は、自分の使命を果たすのみなのだ。

今後は、『人としてどう生きるべきか』『インターネットビジネス』

を絡めて、情報発信していきます。

無料メルマガでは、このブログでは話せない、ヤギコーチの創造主覚醒メソッドとインターネットビジネスをお伝えします。

『創造的覚醒メソッドの真実』

『ネットビジネスで最短で月10万稼ぐ方法等の情報をお伝えします』

『無料メルマガを登録してみてください』

無料メルマガで学んでください。

よろしくお願いします。

インターネットビジネス初心者コーナーを学びませんか?

最後まで読んで頂き、本当にお疲れさまでした。

本当に、ありがとうございます。

何かありましたら、お問い合わせください!

よろしくお願い致します。

感謝しております。

ストリートケイン

スポンサーリンク

ページの先頭へ