死んだらどうなる?天国と地獄は存在する?あの世の仕組みはこうだ

こんにちわ。ストリートケイン(コウイチ)です。サイト訪問いただき、ありがとうございます。
  • 「あの世に天国と地獄はある?」

今日はこの真実をお話したいと思います。

あなたが『この真実』を知ることで・・・
心の中にある後悔や罪悪感が消え去り、
人生がとても楽に、安心して生きられます。

逆に、この真実を知らないでいると、

あなたの中にある後悔や罪悪感の気持ちが
時間とともに強まり「苦しみの人生」になる危険性があります。

なので、死後の世界に天国と地獄があるのか、
あの世の仕組みを根拠を大切にお話したいと思います。

まず、結論から言いましょう。

あの世には地獄はなく『天国』しか存在しません。

・・・これ、少し考えれば当然なんです。

あの世に「地獄」があると信じている人は、
神が私たちを罰すると考えてるワケですよね?

では、そんな方に質問なのですが・・・

『罰する』

この発想って、どこから来てると思います?

罰するとは・・・

『恨みや憎しみ』

の感情から来ています。

さらに、恨みや憎しみの感情は・・・

『欠乏感』

という感情から発生します。

欠乏感とは『自分には足りないものがある』という意識です。

例えば、あなたに大好きな恋人がいます。

ところが、その恋人は「愛してる」とか言いつつ
隠れて浮気や不倫をやりまくっていました。

さらに、恋人は「あいつは遊びだから~」と、
あなたのことを周囲に言いふらしていました。

このとき、あなたの心の中から・・・

恋人に「恨みや憎しみ」の感情がわいたり、
恋人に「痛い目にあわせてやりたい!」と罰したくなるのなら、

あなたは『欠乏感の持ち主』です。

あなたは、もともと「愛情の欠乏感」があり、
それを恋人からの愛情で埋めていたのです。

ところが・・・

恋人に裏切られたことで愛情が満たせなくなり、
今まで埋め合わせていた分だけ「欠乏」を感じてしまう。

このギャップが大きいほど

「失った!腹立つ!罰したい!」

という、恨みや憎しみに転化されます。

■ 金が足りない
■ 承認が足りない
■ 地位や名誉が足りない

これらも、ぜーんぶ同じメカニズムです。

つまり、

あの世に私たちを罰する「地獄」が存在するという考え方は、
神を『欠乏感のある存在だ』と言っているのと同じってことです。

なぜ、宇宙の全てを創造でき、全てを持つ神が、
失う、奪われる、足りないの欠乏感を持つの?

持つはずがありません^^、、

もし、人を罰する神がいると言うのなら、
それは神ではなくプレデターやエイリアンの間違いです(笑)

puredeta

映画「エイリアンVSプレデター」では、
古代人が自分より高度文明のプレデターを
神さまと勘違いしてあがめるシーンがあります。

プレデターは人間に「いけにえ」を要求します。

要求とは「足りない」という欠乏感ですね。

で、人間が要求に応じなければ憎しみで罰する、
つまり「地獄」を与えるわけです。

こんな欠乏感たっぷりの心の狭~い存在が、
神なワケないじゃないですか(汗)

以上から、

本当の神が創る「あの世」には地獄などなく、
天国しか存在しません。

死後の世界に地獄がないなら何がある?あの世の本当の話をしよう

tengoku

臨死体験をした「エベン・アレクサンダー」は、
あの世で「三部構成のメッセージ」を受け取ったそうです。

関連記事死後の世界はある!あの世を脳科学的に証明しよう2017.11.24 今日は・・・ 『死後の世界はある』 という事実を「脳のメカニズム」から 科学的に証明していこうと思います。 人は「死後の世界」を心の底から信じたとき、 恐れや不安に支配されない人格になれます。 なぜなら・・・ 私たちがあらゆる場面で感じる恐れや不安は すべて「……

あの世で受け取った「三部構成のメッセージ」とは・・・「恐れるようなことは何もありません」 「あなたは永遠に、深く愛されています」 「あなたのすることには、ひとつも間違いはありません」

エベンが死後の世界で感じたことは、
例えようのない『安堵感』でした。

安堵感が、嵐のごとく押し寄せてきたとも書いています。

また、三つのメッセージを聞いたとき、
人生という良く分からないゲームのルールを
初めて教えてもらった感覚になったと記しています。

ほとんどの人は、死ぬ直前になると、
過去を思い出し、後悔や罪悪感を苛まれます。

人間が作った物差しでいう「悪い行い」なんて、
長く生きていたら誰だって身に覚えがありますもの。

でも、神さまは「あなたには、ひとつも間違いがない」と言っているんです。

だから、後悔や罪悪感は持たなくて大丈夫^^。

そんなことで頭をいっぱいにする暇があるなら
あの世で「無限の愛」で迎えてくれる神に感謝しましょう。